スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
夕方の蝉時雨、夏だね
今は夏、蝉時雨がすごいやね。もう気分は盆休みっていうかもう休んでるけどね。
夏の夕方は好きよ。

で、今日は古内東子さんの歌ですわ。わしね、古内さんスゲー好きなんだけど、何故好きかという
とさ、多分この人の歌に出てくる女性が好きなんだよね。なんかさ、理屈コネコネで言ったら
たくさんあるけど、根底はそこにあるって最近気付いた。そんななかで古内さんの歌には
めずらしい男性が主人公の歌を紹介。


「今までは一人で何とかやれると ずっと信じてたんだよ 君のこと好きになる前は
 そう何かいちばん大切なものが 僕にはまだないんだよ 僕という宇宙には 
 それは君だけが持っている光 真っ直ぐにここまで届く その光を与えて」
アルバム「フツウのこと」より「僕の宇宙」

わしね、バツイチなんですわ。で、普段お気楽極楽なんだけどね、いろいろ考えたわけよ(笑)。
そして、一人になってからずっとさ、わしは幸せになっちゃいけないんだと思ってだんだよね。
これから、きっと一人で生きていくべきだし、そうなんだろうなってさ。
この感覚はバツイチの人じゃないとわからんかな?でね、最近ようやく元気なんだけどさ、
久し振りに聞いたらスゲーいい歌で涙出ちゃったよ。

「彼の事を話す君が立つキッチン 聞いているのは僕でなくてもいいみたい
 慣れた手付きの君の料理は 暖かくて懐かしくて だから余計に僕を傷つけるよ」
アルバム「Distance」より「逢いたいから」

こちらは学生時代の思い出ソングだね。こういう女性いるでしょ?きっと自分のこと好きなんだ
ろうけど恋愛感情はないんだろうなっていう人。こっちは大好きなのにね(笑)。
こういう女性ってフツーに「今から行っていい?」とか言っちゃって普通に男友達みたいに
来るんだよな。この手の女性はモテル人多いよね。なんつーの、小悪魔ちゃんみたいでさ(笑)。
それでまじにこっちの気持ちに気付いてなかったりするように男からは見える(笑)。
実際は何かを?(笑)計算してるのかなって気もしないわけではないんだけどね。
どーなのよ、謎(笑)。

っつーわけでこれから風呂入って酒ですな。今日はビールに焼酎ウーロン割り、つまみは
冷奴とその辺にあるものを適当に。ではみなさま良いお酒を。
スポンサーサイト
【2006/08/11 20:41】 | 本日の一曲(ぱちぷーひろし:記) | コメント(0) | page top↑
<<打ってるんだよぉ!! | ホーム | ドSマリコ、わしMじゃないよ(笑)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。